今の時点でAGA(男性型脱毛

今の時点でAGA(男性型脱毛症)に対する薬効があると判明している成分というと、ミノキシジルとフィナステリドのふたつでしょう。2005年に厚生労働省に承認されたフィナステリドは日本では商品名プロペシアとして出まわっています。
ミノキシジルは輸入薬のロゲインが有名で、現在は日本でも全国各地の薬局で薬剤師がいる時間なら誰でも購入できるという良さがありますが、抗男性ホルモン剤の一種であるプロペシアは処方箋なしでは買えません。
育毛剤には本音で言って効くのでしょうか?育毛剤には髪の毛を育てるのを支援する成分が入っています。その成分と体質との組み合わせが良ければ、育毛の効果が期待できる可能性もあるでしょう。
ただ、効果を実感するには時間がかかりますし、適切な使い方をしなければ効果が実感できないこともあります。病院などでも育毛治療ができます。
しかし、これらの治療は保険適用の対象外のため、実費で支払う必要があります。保険がないということは、一律料金ではなく、それぞれのクリニックで料金が微妙に違うと思います。
料金の詳細は直接、担当医にカウンセリングをしてもらってから算出されますが、薬だけで治療を進める場合に対して、注射を使ったり植毛で育毛治療すると治療費が高くなります。
進行性の脱毛である男性型脱毛症(AGA)の症状が出る要因としては性ホルモンが大きく関与しています。男性なら誰もが持つテストステロンというホルモンが身体の皮脂腺で合成される酵素による代謝でテストステロンに比べ作用の強いジヒドロテストステロンに変わることで発毛が抑制され脱毛の症状が出ることが判明しています。どれくらいその酵素が分泌されるかは遺伝子によって親から受け継がれると最近では解明されており、薄毛というのは遺伝的な影響を強く受けていると今でははっきり断言することができます。
花や植物から抽出したアロマオイルを使って育毛してみませんか?アロマというと、リラックスなどに効果のあるものと思われる方もいるかもしれませんが、実は育毛にも効果が期待できるオイルがあります。
例えば、スウィートオレンジというオレンジの皮から抽出された香りの良いオイルは発汗作用があり、血行を促進すると同時に毛根に作用すると言われています。悩みに合ったオイルを複数使って自分だけのヘアオイルやシャンプー等を作ると、もっと症状に適した育毛ケアが出来るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です