本来排出されるべき老廃物が体内に留

本来排出されるべき老廃物が体内に留まった状態だと、体の代謝がどんどん低下していきます。
当然ながら健康にもAGAにとっても良い影響は与えません。
ときには毒出し(デトックス)という方法で新陳代謝を高めるようにすると良いでしょう。
老廃物の排出を促す手頃な方法というと、水分補給しつつ汗を流すのが効果的です。
有酸素運動なら20分以上、岩盤浴、サウナ、半身浴など方法は様々です。その際は、発汗と同じかそれ以上の水分をとることが大事です。ヒトの体は60%が水分で出来ています。
ですから、健康のために一日に2、3リットル程度の水分を、意識的に補給しておきましょう。水分が欠乏してくると血液が濃くなり、血行不良になりやすいのです。
こうなると、頭皮に必要な栄養素が運ばれにくくなって髪の力も衰えてしまいます。
さらに、水分不足は肌にも強いストレスを与えるので、頭皮の状態を悪化させる恐れがあります。
赤血球中のヘモグロビンが合成されるのに欠かせない栄養素が鉄分です。血液中で酸素の運搬を担っているのが赤血球ですから、鉄分が欠乏すると酸素が満足に運ばれず、血液の循環も停滞します。
そのため頭皮の調子も低下し、薄毛や抜け毛につながることから、鉄分の摂取と育毛を分けて語ることはできないのです。
鉄分は、レバーやアサリ、シジミなどから多く摂取することができます。
育毛剤の使用を開始してしばらくすると、使い始め当初は、抜け毛が起こることがあります。薄毛がなんとかならないかと思って育毛剤を使っているにも関わらず髪の毛が抜けるようになったら、使いたくなくなりますよね。
でも、これは育毛剤の効果の証明だということでもあるので、ぐっとこらえて継続して使用するようにしてください。
約1か月我慢すると髪の毛が多くなってくることでしょう。
発毛から髪が寿命を迎えて抜けるまでを一般的にヘアサイクルと呼びます。
非AGAの人の場合、髪の成長速度がもっとも早い成長期が数年程度あり、成長速度が遅くなる退行期を迎え、すべての活動が終わる休止期にきて髪の寿命となります。
これがAGAを発症している人だと成長期が短くなるので1周期が非常に短くなり、これからまだ成長するべき髪がどんどん成長を止めて抜け落ちるため、髪が薄くなっていくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です