ビタミンCについて調べてみた

ビタミンCってよく聞くけど、調べたことってなかったなぁと。

ビタミンCとは

”ビタミンC (vitamin C, VC) は、水溶性ビタミンの1種。化学的には L-アスコルビン酸をさす。生体の活動においてさまざまな局面で重要な役割を果たしている。食品に含まれるほか、ビタミンCを摂取するための補助食品もよく利用されている。WHO必須医薬品モデル・リスト収録品。
壊血病の予防・治療のほか、鉄分、カルシウムなどミネラルの吸収促進(摂取しすぎると鉄過剰症の原因になることもあり、注意を要する)、傷の治癒にも利用される。しかし風邪を予防することはできない。”

Wikipedia より。

びっくり、風邪を予防することはできないんですね。

ほかにもコラーゲンの合成に深く関与していたり、
活性酸素類を消去したり、
ビタミンEの再生機能があったり、
やっぱりすごいビタミンなんですね。

”ヒトはアスコルビン酸を体内で合成できないため、必要量をすべて食事などによって外部から摂取する必要があり、ビタミンとして扱われている。一方、多くの動物にとっては、アスコルビン酸は生体内で生合成できる物質であるため、必ずしも外界から摂取する必要は無い。体内でアスコルビン酸を合成できないのは、ヒトを含むサル目の一部やモルモットなどだけである。”

とも記述されていて、他の動物では体内で生成できるんですね…。なるほど。

ちなみに、ビタミンC錠剤よりビタミンC入りのガムをかんだほうが、より早く吸収されるみたいですね。ほぉ~~。

大航海時代において、
壊血病の原因がわからなくて海賊以上に恐れられた。
みかんやレモンをとることでこの病気を予防できることを発見して、
その後の航海で壊血病による死者を抑えられたんだって。

たしかに海の上では栄養偏りそうです。

海賊映画が最近話題ですが、その裏にもビタミンCが関わっていたなんて…。

そんなビタミンCもついに頭皮にもいいらしい時代になったなんて。すごいですね。

おすすめサイト>>>>>ビタブリッドのお試し

育毛剤のBUBUKAはミノキ

育毛剤のBUBUKAはミノキシジルと同じレベルで研究結果では、育毛効果が見られており、圧倒的多数のモニターが確かな育毛効果を実感しているのです。
それだけでなく、副作用が起きやすいミノキシジルのようなデメリットがないため、不安を感じることなく使い続けることができることとなります。鉱物油、合成ポリマー、パラベンのような添加物を使用しておらず、効果の証明でもある医薬部外品認可を得られています。整体やカイロなどと呼ばれる治療者がいるところでは、育毛や養毛、発毛のために施術メニューの中に「頭蓋骨矯正」を設けているところが存在します。
なぜかというと、頭皮環境が良くなくて硬くなったりしているのは、頭部の骨のズレや歪みに起因しているからだとする意見に基づいて施術しているのです。
育毛治療やセルフケアなどと一緒に施術院で「頭蓋骨矯正」を行ってもらえば、より一層の効果が生まれグッとパワーアップすることでしょう。
最近では、ドライヤーやヘッドスパ、家庭用のレーザー育毛機器などの毛髪や頭皮をケアするための家電が多く使われるようになりました。ドライヤー、ヘッドスパに関して言えばこの家電そのもので育毛治療するというより、今ある髪の毛や頭皮の環境を良くして、髪が生えやすい頭皮環境をつくるなどの、補助として効果を期待できるでしょう。なぜか妙にしっくりくるGACKTの白衣姿も印象的なTVコマーシャルは見覚えのある方も多いでしょう。
AGAスキンクリニックは全国各地に分院を展開しているAGA専門の医療機関です。
朝は10時から夜9時まで診療を行っているので、平日の仕事帰りにも行けて通いやすいのが特長です。相談料金は無料でできますし、プロペシアによる治療を希望するのであれば、初回限定で4200円で受けられます。
先発薬であるプロペシアの代わりに後発医薬品のフィナステリド錠(ファイザー社)を利用するなら次回からも6000円の負担で済みます。
商品名プロペシアはフィナステリドを含むAGA治療薬です。
症状のある方全員にお勧めできる類の薬とは言えないのですが、相性が良ければ男性型脱毛症の症状の改善に時間はかかりますが確実に役に立ってくれるでしょう。
但し、いくつかの副作用が起こる可能性があり、EDや体のかゆみ、深刻なものでは肝機能障害が生じた例もありますから、必ず医師の診断の上、処方されることになっています。